ウーマン

確実に綺麗になれる美容外科|美意識が高い貴女に

加齢と圧迫

注射

加齢とともに減少

美容整形クリニックでヒアルロン酸注射を利用している人は多いです。そもそもなぜヒアルロン酸を体内に注入するのでしょうか。体内のヒアルロン酸は30歳頃を境にして年齢を重ねるごとに生成量が減っていきます。赤ちゃんの頃を100%とすると、40代で50%、60代になると25%にまで下がってしまいます。そのヒアルロン酸の減少こそが、しわができ、弛みのでるハリのない肌となるわけです。年齢相応の見た目となります。つまり、逆にいえばヒアルロン酸を外から補ってさえいれば、肌にハリを取り戻せ見た目の年齢も若返らせることができます。その方法がヒアルロン酸注射です。必要な個所に注入すればいいため、多くの人々が美容整形クリニックで利用しています。

定着まで圧迫しない

多くの人々が利用しているヒアルロン酸注射はほとんど副作用はありません。ただ、注意する点もあります。その一つがヒアルロン酸注射した数日は注入個所を強く圧迫しないことです。なぜならば、注入したヒアルロン酸がまた安定していないからです。もしも顔にヒアルロン酸注射をしたのならば、うつ伏せに寝ないように心掛けた方が良いです。うつ伏せは顔を圧迫しているからです。同じ理由で、洗顔やマッサージも控えた方が良いです。そもそも洗顔はゴシゴシと強く擦るものではありません。洗顔するときは泡を使って優しく包み込むようにするだけで十分汚れは落ちます。多くの場合は、1日程度で定着しますが、注入箇所や量によっても差があるようです。